南京400以内大活场子

は、私は打つことができません。」口からの声は、彼が頭を下げて、「私の元の体はどこにあるが、ついに戻ってきた」とつぶやくのを見ました。

徐々に、唐天林は再び意識を取り戻しました。

彼がいました最初の時間は自分自身をチェックし、ヒルダ女王が言ったように彼が死ななかっただけでなく、彼が前回宮殿の地下の洞窟から目覚めたときよりもさらに元気になったことがわかりました。

また、地面に倒れて生死を知らず、老婆のように見えたヒルダ女王もいます。

沈黙。

彼はどうやって彼女を倒したのですか?

本当にしますか?

第191章:卒業と到来、

ガン?ホンは頭を下げ、息を切らしながら、髪の毛の端から汗が滴るのを見た。医師は、そのようなリハビリテーショントレーニングは高強度であってはならないと言った。1日2回行う南京夜生活spa论坛。ほぼ時間で。

ガンホンは、今はとても疲れていても体が食べられると感じていますが、実際には学校でトレーニングをしているときよりもずっと楽です。

学校の特別クラスは、高い排泄率だけでなく、低い死亡率も持っています。

そして、この種のリハビリトレーニングの範囲は、

「ほぼ同じです。水分補給する必要があります」というレベル

です。

ガンホンは突然頭を上げ、羅秋が水を持って彼に向かって歩いているのを見ました。

ガンホンは唖然とし、「マスターキュー」

「最初に水を飲んで、汗をかきすぎた」と言った。ルオキューは蓋を緩めてガンホンに送った。

羅長春はこれをしました、ガンホンは「南京桑拿楼凤网ありがとう、マスター丘長春」を拒否する理由はありません。

羅長春は首を横に振って言った、「あなたが寒い家にいたとき、あなたは私に何度も水を注いだのではないですか?それは何でもありません。」

『それは違う。』ガンホンは、首を横に振った『私は私の父によってあなたに与えられた。それの何がささいなことしないように。』

羅秋は微笑んで、「ドクター。あなたはそれをどのように言うのですか?」、尋ねた

ガン香港は言いました:「もっとトレーニングをすれば、基本的には完全に回復できます。将来の運動能力にはほとんど影響しませんが、柔軟性は少し悪くなるかもしれません。」

柔軟性について話すとき、ガンホンの顔にはいくつかあります。悲しいことに、怪我をする前は、体の柔軟性はとても良いはずだと思っていました。

「ちなみに、ここが怪我をしたところですか?」羅秋は突然手を伸ばし、ガンホンの背中を触るよう