江苏夜网一号

続けました!

火のラケットが開いて、侍はすぐに落ちた人々を助けました人々を救うための地!

「あなたは死を恐れない!」風が

侍に怒鳴りました!しかし侍は振り返りませんでした、「私は恐れています!救わずに死南京桑拿按摩ぬ方法はありません!あなたが保存することができます限りのアイドル!」

追いかけ風が面食らって、無意識のうちに迅速なスピードでうなずいた!

狂気に陥っていた長門Zongjinは、その爆発力を制御することができませんように見えた。彼は唯一の狂ったようにそれを解放する南京楼凤论坛方法を知っていました、しかし、彼の体は動くことができず、破壊的なシアンの火の玉を盲目的に解放しただけで、チェイスとサムライは人々を救う時間を与えました。

負傷者や怯えた村人たちが一人ずつ救出され、

「これが最後だ!」再び戻ってきた侍を見て、追跡者は「本当に死を恐れているのか」と眉をひそめた。

「最初にこの男を解決します。さもないと、災害が増えるだけです。」侍は深呼吸をして突然微笑んで、「ありがとう!」

「ありがとう?」と言いました。風を追いかけるのはびっくりしました。

侍は落ち着いて言った、「しばらく迷子になりましたが、誰かを救うのを見たときはもう少し地味でした。どこにいても私はまだです!」

「変な男」風を追いかけて彼南京桑拿会所网を震わせた頭、「でもお兄ちゃんみたい!」

「私は怪物じゃない」侍は「もうナンセンスじゃない、長門を解いてから話そう!さもなければ、この和瀬村は滅びるリズムだ!この惨事は惨事です。私は落ち込んでいます、あなたを夕食に迎えます!」

「オーケー!」

侍がカタナに言及したのを見て、彼はうなずき、最初に長門門垣に近づきました、そして彼は使うことを躊躇しませんでした彼の超自然的な力は再び、しかし彼は突然止まった。

和瀬村?

これは和瀬村ですか??

「消滅のリズム」?

待ってください、今の侍のスタイルはヤン?ウーユエの世界のスタイルではないようです。

「本当の顔が見えなくても、人々の間の魅力はまだ良い牽引力で南京桑拿楼凤网す。」

丘の中腹に。 、メイドさんがいきなり主人の声を聞いて、久しぶりの笑顔を見て、一緒に笑った。

ホストはまた幸せです。

それはすばらしい。

第130章災害3

ユエジさん、ここは危険すぎる!」この時、数人の南京桑拿夜网ズチンがジシンを取り囲み、抵抗する余地がなかったので、彼らは彼女を犠牲から素早く引き離した。

危険に直面したとき、できるだけ早く逃げることは人間