南京楼凤网

真似するため南京楼凤论坛に声に従った年配の世代?」

と言います。 「

うーん…」

【2テリアを演じた後、公式に報じられた「さくらは大西をやりたかった」という名前。

{Oxisang、ショーの正式な命名について話し合ったとき、あなたは何と言いましたか?}

と答えました{さくらさん、ようやくつながりました。}

{オニシャン、何のことを言ってるの?}

{私は何ですか?私は人間です。}

{それはそれのようには見えません。}

{それで、村上優のジュニア?}]

「さくらさんは直接頭を向けて、私を無視しました。」大西沙織は村上悠を見ました:「先輩、あなたは声優の間で本当に不人気ですか?」

「多分、私には本当に友達がいません。

」確かに。 「大西沙織はうな南京桑拿按摩ずいて、「優秀な人はいつも寂しい」と結論付けた。

[桜さんは村上先輩のせいで私を無視したので、彼女との良好な関係を築くために一生懸命努力しなければならなかった。しかし彼女は{これ人はとても迷惑です}。

ラジオでより良い関係を築くために、{私とさくらさんは過去に一定の距離があった}と言いましたが、彼女は直接{過去形を使ったのですが、今も同じです。}

それから、私は私たちの体の間の実際の距離を身振りで示し、{私たちの間の距離は今これらだけです}と言いました。

意外と、彼女は椅子に直接滑り込み、カメラの撮影範囲からほとんど外れました。]

「私のせいです。」村上優は言った。

「いや、いや、いや、誰があなたを先輩にしたの?声優さん全員が先輩が嫌いでも後ろに立つぞ!」

「はい」

「はい!村上先南京夜网輩、聞いてくれ。行ったらイドで働くために、私はすでにあなたの側に立つことに決めました!心配しないでください!」

村上は、大西沙織が何について話しているのか、そして何が彼を安心させたのかを知りませんでした。

[それから、私たちは再びその路線について話しました。

私、水揚げ、さくらさん、カクマ愛が一緒に夕食をとる予定ですが、連絡を取り合うために臨時のディスカッショングループを設けました。

ディスカッショングループが設立されたので、名前を付けるのは当然です。彼らはすべて彼らの名前から音を取り、私だけがフルネームです。]

「前任者」大西沙織は不平を言い、眉をドレープし、ポニーテールは活力を失い、憤慨して言った。「私は混雑していた」

。 「慣れている」

「オーケー、オーケー、あなたは年上の世代だ、何を聞くの南京夜网论坛か。あなたに」

『それは十分では